COLUMN 海外メディア戦略コラム

日本旅行は高い人気!台湾住民がよく利用するトラベル系サイトまとめ

親日的な国として知られ、訪日旅行者数も中国、韓国に次ぐ3位にランクインする台湾。日本からの旅行者も多く、双方の良い関係で知られています。

現地の人がよく見る人気の旅行系サイトで特徴的なのは、アジアから独立させた日本向けカテゴリが用意されていることです。今回は、そんな台湾の人たちがよく利用するトラベル系サイトをご紹介します。

1.ETtoday旅遊

https://travel.ettoday.net/

台湾最大のニュースサイトETtodayの姉妹サイトで、旅行に特化しているのがETtoday旅遊。台湾と海外の旅行情報だけでなく、旅行に関するリアルタイムのニュースを高い頻度で更新している人気サイトです。豊富なリソースを元にした「見るべきスポット◯選」といった記事も得意としています。「日本旅遊」カテゴリは海外旅行から独立。

2.聯合報

https://udn.com/news/

台湾四大紙の一つ・聯合報のオンライン版。大手紙ながら意外にも「旅遊」サイトが充実しており、取材力を生かしたユニークなオリジナル記事を掲載しています。台湾のグルメや観光情報のほか、海外旅行、日本旅行といったサブカテゴリが用意されています。日本の俳優や女優の台湾訪問について詳しく紹介する記事などもあります。

3.軽旅行

http://travel.yam.com/

Facebookのフォロワーが100万人を超える人気のブログ型旅行メディアです。ユーザー投稿や外部メディアの配信による、読み応えのある長文記事や内容の濃いまとめ記事をアップ。台湾は地域ごとに分類し、詳細に取り上げています。精華討論のカテゴリには、イベントカレンダーや掲示板ページもあります。

4. Walkerland

https://www.walkerland.com.tw/

日本でも同シリーズの雑誌が人気の、TaipeiWalkerのウェブ版。地元台湾のグルメ情報やおでかけ情報など、ユーザー投稿も含め多くの口コミ記事が集まっています。「日本旅遊」のカテゴリでは、通好みのスポットや一度目の訪日では足が伸ばしにくい地域の紹介など、他の媒体にはない踏み込んだ情報も目立ちます。

5.易遊網(ezTravel)

https://eztravelnews.blog/

台湾の旅行業者で、オンライン上で予約プラットフォームを手がける易遊網。Facebookでは20万近いいいね!を集めています。ブログページも公開しており、地元台湾のホテル、レストラン、エンターテインメント情報などガイドブックに載っていない情報も紹介。日本や韓国のおすすめスポットについて伝える記事も見られます。

6.社粉絲團

http://okgo.tw/

台湾中部・南投に拠点を置く会社が運営するWebサービス。観光地やレストラン情報をまとめたガイドブック的な機能を持つほか、サイト上からホテルなどの予約もできます。「新聞」カテゴリでは地域ごとの旬の話題が紹介されています。Facebookも積極的に活用しており、7万以上のフォロワーを持っています。

7.欣傳媒

https://www.xinmedia.com/

欣傳媒は、世界の中国語圏向けのライフスタイルメディアで、グルメやアクティビティ、旅行といった内容を扱っています。自社のサブブランドから外部メディア、個人ブロガーなど様々な書き手が執筆した情報量の多い記事が高い頻度でアップ。日本好きのユーザーが集まるプラットフォーム「欣日本」も展開しています。

8.Travel King

https://www.travelking.com.tw/

Travel Kingは台北に拠点を持ち、旅行やアクティビティの手配、テーマ型旅行の企画などを行う旅行会社です。webサイトでは「旅遊新聞」カテゴリでタイムリーな話題・トピックをオリジナル記事として紹介しています。旅行情報や観光案内の機能も備え、台湾では各地域のマップ上に見どころのプロットを示してくれています。

台湾のトラベル系サイトは、大きくメディアが運営するものと旅行会社などが手がけるサービスに分けられます。目的地や旅行のタイプによって、様々なサイトを利用するユーザー動向が窺えますが、中国と並んで日本も人気の目的地の一つであることがわかります。

コラム一覧に戻る