COLUMN 海外メディア戦略コラム

インドの主要メディアまとめ【インフルエンサー編】

we are socialが行った調査によると、インドではソーシャルメディアの利用率が23%と報告されています。同調査においてアメリカのソーシャルメディア利用率が70%と報告されていることから考えると、23%という数値は非常に低く感じますが、それでもインドでは約3億1000万人もの人々が利用している計算になります。

また現在、インド国内でのインターネットやモバイルの利用が急速に広がっていることからも、主にソーシャルメディアを介してキャンペーンを行うインフルエンサーマーケティングは、大きな可能性を秘めたマーケティング戦略としてインド国内でも注目を集めています。そこで本記事では、インドで人気のインフルエンサー・マーケティングプラットフォーム8選を紹介いたします。

 

インドのインフルエンサー・マーケティングプラットフォーム

 

1.Plixxo

インド最大規模のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームといわれている「Plixxo」には、現在2万6000人を超えるインフルエンサーが登録しており、インフルエンサーと企業を結びつける役割を果たしています。企業はまず、自社企業のプロフィールや希望等を登録します。その後、Plixxoがチョイスしたおすすめインフルエンサーの一覧が送られてくるので、予算に応じてパートナーを選択します。過去にはPUMAやNikeなどの有名ブランドのキャンペーンも担当したことがある、信頼の高いインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。

 

2.Influencer.in

現在、2万5000人を超えるインフルエンサーが登録されているインフルエンサー・マーケティングプラットフォームが「Influencer.in」です。美容、書籍、ファッションや食など、特定の分野を得意としているインフルエンサーが多く登録しており、企業が求める人材を適切に見つけ出す点が魅力のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。また、ウェブサイトには、企業およびインフルエンサーにとって役に立つ情報が豊富に詰まったブログが掲載されており、これからインフルエンサーマーケティングを始めたいと考えている企業にとっても、インフルエンサーとして働き始めたいと考えているブロガーにとっても役立つ記事が満載です。

 

3.Mad Influence

現在、1万人のインフルエンサーが登録し、近年急激な成長を見せているといわれているのが「Mad Influence」です。特徴の1つに上げられるのが、その豊富なカテゴリー。自動車、教育、エンターテインメント、ファッション、ファイナンス、食、健康、住宅、音楽など、他のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームでは見られない細かに分類されたカテゴリーのおかげで、企業に最適なインフルエンサーを紹介することを可能にしました。また、登録したインフルエンサーの居住地はインド国内全土に及ぶため、地域に根差したキャンペーンも得意としています。

 

4.PulpKey

少し変わった形のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームとして知られているのが、「PulpKey」です。通常のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームでは、企業からの要望を受けたインフルエンサーが、得意とする独自の方法でキャンペーンを実施するのに対し、「PulpKey」では、ともにキャンペーンを作り上げるということを基本においています。そのため、企業側の時間的負担は大きくなりますが、その分、企業が本当に望むキャンペーンを実施できる可能性が高くなります。「PulpKey」は、今後の世界およびインドにおけるインフルエンサーマーケティングの可能性を強く主張しており、今後の活躍に期待が高まるインフルエンサー・マーケティングプラットフォームといえそうです。

 

5Eleve Media

「Eleve Media」は、プラットフォームというよりは、エージェンシーに近い機能を持ったインドのインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。インフルエンサーマーケティングに興味を持っているけれども、よい方法が分からず踏み出せない企業のために、他のプラットフォーム以上に丁寧で効果的なサポートをすることで人気を獲得しています。「Eleve Media」で契約を交わすことで、キャンペーンの追跡や結果の分析に優れた独自のシステムを利用することができるため、インフルエンサーマーケティングの効果を正しく把握することができるでしょう。

 

6.StarNgage

「StarNgage」は、世界中に展開されているインフルエンサー・マーケティングプラットフォームですが、インド用のページが用意されていることから、インド国内でも非常に人気のあるインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。世界で数多くの企業を成功に導いてきた経験を持つため、その実績と信頼性は十分。また、インフルエンサーマーケティングに関する非常に多くの役立つ記事が掲載されており、初心者から上級者まで、役立つティップスを学ぶことができるでしょう。

 

7.Chtrbox

「Chtrbox」はインド発のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームで、企業とインフルエンサーを結びつける役割を果たします。「Chtrbox」では、企業の目的に合わせたインフルエンサーの選定、キャンペーンの追跡、キャンペーン成果の分析などを総合的に行う独自のシステムを有しており、高い費用対効果を得られることを特徴としています。ウェブサイトが非常に分かりやすく構成されていますので、初めてインフルエンサー・マーケティングに取り組む企業でも安心して取り組むことができるでしょう。

 

8.Trendfeedz

「Trendfeedz」はインド発のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。インフルエンサーは、Instagram、YouTube、Facebook、Twitterにおいて優れたコンテンツを提供するとともに、2000人以上のフォロワーを有する選び抜かれたインフルエンサーのみが登録できる仕組みになっています。企業はこれらのインフルエンサーによって展開されるキャンペーンによって、短期間で大きな成果を挙げることができると紹介されています。現在は3万人を超えるインフルエンサーが登録されています。

 

終わりに

インドで人気のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームを紹介しましたが、いかがでしたか。他の国のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームと比べると、インドの総人口の割にはインフルエンサーの登録者が少なかったり、プラットフォームで利用できるシステムが構築されていなかったりするなど違いも多く見られましたが、インドの巨大な人口を巻き込み、今後大きく成長していく可能性も強く感じました。インドにおけるインフルエンサーマーケティングへの参入は、今がチャンスかもしれません。

 

# # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # #
海外進出への足掛かりには、先ずはプレスリリースを配信してみてはいかがでしょうか?
Global PR Wireでは、海外ジャーナリストのデータベースをもとに、エリア・ジャンルごとの効果的な配信先を独自にパッケージ化。
さらにリリースしやすい低価格にこだわり、国内最安値を実現しました。

シンプルな仕組みとわかりやすい料金体系で、海外PRが初めてという企業様でも、
効果的なプレスリリース配信がすぐに実施可能です。

※本原稿は2019年に作成・配信したものに一部加筆修正して掲載しております。

 

コラム一覧に戻る