CASE 海外PR事例

遠隔操作アバターロボットのフィールドテストを実施

クライアント様

国内スタートアップロボティクス企業

 

要望

非日常的な作業のロボット化とリモート化を可能にし、危険な環境での人間の行動の制約の除去に向けて情報を伝えたい

 

課題抽出

ロボティクスの技術の凄みをメディアに分かりやすく伝えるか?
危険な状況下で難しい作業工程をどう表現するか?

 

解決策

ビジュアルを多用し、細かい作業をロボットが実施するシーンを多数展開。
その状況をテキストでフォローし、状況の説明を実施

 

POINT

● ビジュアルとテキストで伝えたいメッセージを補完しあい確実に情報伝達を行う

事例一覧に戻る