COLUMN 海外メディア戦略コラム

今から学ぶNFT、基本から最新ニュースまで1記事で丸わかり!

すっかり馴染み深い言葉として定着したイメージのあるNFT。

しかし、言葉の存在は知っていても、実際に取引を行っている人がどれだけいるかと言えばまだほんの一握りになると思われます。

中にはNFTという言葉の存在は知っていても何を意味しているのかまでは分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回はNFTとは何かという基本的な部分から、NFTではどういったものが取引されているのかといった点、さらに今後NFTはどういった展開を見せていくのか~まで簡単にまとめてみました。

NFTとは何か
NFTは『Non-fungible token』(非代替トークン)のことで。暗号通貨と同じようにブロックチェーン技術で成立しています。

従来の画像などのデジタルデータは改ざんやコピーが容易にできました。
しかし、NFTはその性質上所有権が明確でデータの改ざんもできない仕組みとなっております。
ブロックチェーン技術はどういう仕組みなのかは置いといてNFTはその仕組みを利用することによって価値あるデータとして成立しています。

 

NFTにはどういったものがあるのか
それではNFTはどういったものに利用されているのでしょうか?
主にNFTとして取引されるのは以下になります。
・アート作品
・NFTゲームのデータ
・その他取引可能で一点もの等のデジタルデータ

それぞれについて詳しく解説しましょう。

 

NFTアート

NFTアート類はおそらくもっともNFT界隈でイメージされやすい分野かと思われます。
画像はもちろんですが動画や音楽(楽曲、楽譜)もNFTとして取引されています。
それでは買ったNFTアートは何に使われているのかと言われれば、何らかの手段で展示したり(メタバース上の美術館という手段など)、画像であればSNSのアイコンにしたり、などなど。
これはNFT全体に共通しますが買った値段よりも高い値段で売るということも考えられます。


NFT
ゲーム

NFTゲームは、現在世界中で人気があり、それに用いられるデータも高騰しています。
国によってはNFTゲームだけで生活できるというケースもあるなど、たかがゲームとあなどれない分野になっています。

例えば『Axie Infinity』
モンスターを育成して他のプレイヤーと競い合うジャンルですが、基本的な点で言えばモンスターがNFTとなっていてそれを売買できる仕組みとなっています。
詳細は割愛しますが、ゲーム的に有利なモンスターの価値が高くなり、それを取引される市場が構築されていると認識していいでしょう。


NFT
化できれば何でも・・・
『ツイッターの最初のツイートがNFT化された』
こうした事例があることから将来的に何がNFTとされて取引されるか分からないと言えます。
・1点ものである。もしくは数量限定である。
・それに誰かが価値が見いだせる。
この2点さえ満たせば何でもNFTになって価値あるものとして取引される可能性があります。

例えば数量限定の会員権などは既にNFT形式となり取引されています。
今後もっと新しい予想もつかないものがNFT化される可能性が非常に高いです。

 

NFTの展望
ここまでで現在のNFTに関してざっくりでも掴めたと思います。
NFTは現在成長中の市場なので簡単な仕組みの理解とどういったことに用いられているかを把握しておけばまず波に乗り遅れることはないと思います。

ここからはNFT関連のニュースを幾つかまとめました。NFT周りでどういったことが起きているか参考にしてください。

米スターバックスがNFT参入


(画像の参照元はこちら

コーヒーチェーン大手の米スターバックス社のCEOに復帰したハワード・シュルツ氏は2022年中にもNFT事業に参入すると発表。
スターバックスはNFTを活用したデジタルリノベーションに取り組んでいるとし、またハワード・シュルツ氏自身もデジタル資産を活用した事業を研究しているとされています。
どういったNFT事業が行われるかに関しては記事時点では未発表ですが、NFTで新しいことを始めようとしている予感を感じさせる点でおおいに注目したいですね。

 

村上隆と高級時計ブランド「ウブロ」コラボNFTアート


(画像の参照元はこちら

アーティストの村上隆氏と高級時計ブランドのウブロがコラボNFTアートを製作しました。
「オールブラック」と「サファイアレインボー」と題されたNFTアート。これらは主に昨年多大な人気で、あっという間に売り切れた腕時計の所有者向けに配布される予定。数量限定ながら腕時計オーナー以外にも展開も予定されているため、熱心なNFTコレクターにもチャンスがあるかもしれません。実際の商品にこうした面白いオマケが付けられるのもNFTならではを感じますね。

 

ロサンゼルスで開かれたNFTイベントが盛況
(参照元はこちら

 米ロサンゼルスで開催されたイベント「NFT LA」では、会場の外では入場のバッジをもらうために長蛇の列ができるなど大盛況で、現在のNFTブームは投機家が熱狂している一過性のムーブメントではないと感じさせられました。
NFTにはしっかりと将来があり、熱狂させるようなイノベーションがそれを支えており、一方で問題点も抱えています。
例えば先ほど名前が出てきたAxieのハッキング事件がこの時期に発生し、ファンコミュニティに少し影を落としています。それでもファン同士の交流の熱は冷めることなくイベントを楽しんでいるようでした。

 

おわりに
今回はNFTの基本的な部分から、どういったことに活用されているか、また昨今のNFT関連のニュースまで紹介しました。

しかし、NFT関係の業界は非常に情報の流れが速く、今回紹介した情報もすぐに古くなる可能性がとても高いです。

そこで最新の情報を得続けるためには、日々NFT関連で検索するのはもちろんのことSNSなどで最新情報を探すようにするといいかもです。このコラムでも引き続き注目してまいります。

コラム一覧に戻る