COLUMN 海外メディア戦略コラム

世界のゲームショウはどうなる?2020年の総括と2021年の見通し

ゲームに携わる企業にとって、コロナによってゲームショウがこぞって中止、もしくはオンライン開催された2020年は、我慢の1年だったと思います。

オンライン開催でのゲームショウは、新しいゲーム層を取り込むことに成功したという功績が報じられている一方で、やはり熱気溢れる会場での開催を希望する人も多くいます。

本記事では、世界の主要ゲームショウの2020年の状況と、現在わかっている2021年の見通しについて紹介します。

東京ゲームショウ

まず、最初に紹介するのが「東京ゲームショウ」です。毎年日本で開催されるゲームショウですが、世界でも3本の指に入るといわれるゲームショウです。

2020年は、対面式でのイベントをすべて中止し、2020年9月23~27日の期間にオンライン開催しました。オンラインで開催されたことにより、イベントに参加する敷居が下がり、ゲームショウに行ったことがない新しい人々を取り込むことに成功したと報じられています。

公式番組の総再生回数も3,160万回にのぼり、2019年の公式番組の再生数から2倍以上の数字をたたき出したことは、オンラインのゲームショウ開催に新しい可能性を見いだすことになりました。

しかしながら、口コミでは、対面でのイベント開催を強く要望する声が多く、2021年にどのように開催されるのかに注目が集まっています。現在(2021年1月現在)のところ、2021年の開催方法については発表されていませんが、オンライン開催で一定の成功を収めた東京ゲームショウが、2021年にどのような策を講じるのかにも注目が集まります。

 

ブラジルゲームショウ

参加者数が30万人を超え、世界最大級のゲームショウとして人気を集めているのが「ブラジルゲームショウ」です。

しかしながら、ブラジル国内における新型コロナウイルスの拡大を受け、2020年のブラジルのゲームショウは、2021年に延期という決定を下しました。2021年のブラジルゲームショウは、10月8~12日に実施されることが決定しています。

当日の開催方法についてはまだ未定なところが多いですが、公式サイト内では、オンラインによる各種イベントの案内や、eスポーツ大会の告知などが積極的に行われています。

世界最大級の熱いゲームショウが、2021年に再び戻ってくるのかどうかに注目が集まります。

 

ChinaJoy

中国で開催される大型ゲームフェスが、毎年7月下旬に上海で開催される「ChinaJoy」です。ChinaJoyは、世界各国からの参加者が多いゲームショウとも言われており、世界の最新事情を知りたいゲーマーやゲーム関係者にとっては外せないゲームショウです。

2020年は世界のゲームショウが相次いで中止、もしくはオンライン開催となる中で、通常通りの対面イベントとして実施された数少ないゲームショウになりました。

コロナの危険が完全になくなったわけではないため、ChinaJoyの組織委員会は、極めて厳格な防疫措置を行ったことで知られており、入場時には身分証明のチェックや顔認証システムの通過、健康カードの提出などが実施されました。

また、一部のイベント登壇者以外は完全なるマスク着用が義務づけられるとともに、密集エリアを生み出さない工夫や、利用したエリアは50分間立ち入り禁止などの対処も実施されました。

さまざまな制限が課せられた巨大ゲームショウは、楽しみにしていたイベントの時間が極端に短かったり、炎天下の下で待つ時間が多かったりするなど、多くの反省を残す結果になったと言われています。しかし、コロナ禍におけるゲームショウの可能性を示した1つの事例として、世界から大きな注目を集めることになりました。

2021年についての情報は未だ公開されていませんが、オフラインとオンラインを融合させたイベントになるのではないかと予想されます。

 

gamescom

ドイツで開催される、ヨーロッパ最大規模のゲームショウである「gamescom」も、完全オンラインとして開催されました。

2019年は、37万人もの参加者を集めたゲームショウですが、今年はオンラインで、配信動画が同時視聴200万人を超えるという快挙を成し遂げたことで話題となりました。

また、参加者たちをうまく利用したSNS活用により、より多くの人々がゲームショウに興味を持つよう誘導することに成功。オンラインによるゲームショウの成功例の1つとして高い評価を獲得しています。

2021年には、8月25~29日の期間に開催されることが決定していますが、開催方式については未定。しかし、2020年にオンラインでも成功を収めたことで、2021年にはさらに進化したゲームショウが期待できるのではないでしょうか。

 

E3

アメリカで開催される世界最大規模のゲームショウ「E3」は、2020年の6月9~11日の間に開催予定でしたが、コロナが脅威を振るっていることから完全中止となりました。

本イベントの代わりとして、2020年6月に1ヶ月間にわたり、さまざまなジャンルのゲームを紹介したオンラインイベントを開催しましたが、短期での集中した情報共有は行われず、ゲーマーやゲーム会社は非常に残念な思いをすることになりました。

ゲームショウに支払った費用はすべて返金という対応をとったため、E3が被った被害は甚大なものだったと言われています。2021年のゲームショウは、6月に開催されることが決定していますが、通常通りの開催になるのか、オンラインによる開催になるのか、もしくは2年連続の中止となるのか、新たな発表に注目が集まります。

 

終わりに

2020年は世界中で中止もしくはオンライン開催に移行したゲームショウですが、2021年の開催については未だ未定としているところが多いようです。コロナの脅威が完全に消え去るとは考えづらく、2021年はオンラインを中心としたイベントが開催されるのではないかと予想できます。

コロナ禍やアフターコロナでも業績が好調なゲーム業界ですが、ゲームを取り巻くさまざまな環境は急速なスピードで変化しています。ゲーム業界に携わる人は、世界の変化を敏感に感じ取り、早め早めに対策を講じていく必要があります。弊社では、ゲーム業界に関する情報を積極的に発信していきますので、ぜひ頻繁にチェックしてみてくださいね。

コラム一覧に戻る