COLUMN 海外メディア戦略コラム

アジア:シンガポールの主要メディアまとめ【トラベル編】

シンガポールのチャンギ空港は世界有数のハブ空港として知られています。国土としては東京23区とほぼ同じ面積の中に600万人ほどの国民が暮らしていますが、チャンギ空港を利用する観光客数は年間1,200万人。シンガポールの総人口の2倍にあたります。

アジアのビジネスの拠点としてだけでなく観光立国としても成功しているシンガポール。ここでは、シンガポールでよく利用されているおすすめのトラベル系サイトをいくつかご紹介していきましょう。

※以下の数値等のデータは2018年4月18日現在(SimilarWeb調べ)のものです

  1. 01. Travelocity

トラベロシティ|https://www.travelocity.com/

カテゴリーランキング:23位|月間ビジター数:13,570万

平均滞在時間:4:50|平均PV:4.54|直帰率:43.97%

数か国にわたる旅行を計画するとなると、複数のフライトやホテル、そしてそれぞれの宿泊地でのアクティビティを手配しなければなりません。Travelocityはそんな方におすすめのトラベル系サイト。それぞれの予約をひとつのプラットフォームで完了することができるので、複数のサイトで発行された予約番号をいちいちメモする必要はありません。フライトについては希望の価格帯で検索できるだけでなく、出発時刻や飛行時間などの条件でソートすることも可能。ホテルを検索する際にはTripAdvisorのレビューを参照することができ、1部屋あたりのベッドの数や禁煙喫煙の種類、キャンセル・ポリシーについても事前に知ることができます。モバイル・アプリが用意されているのも人気の理由のひとつでしょう。

 

  1. 02. Expedia

エクスペディア|https://www.expedia.com/

カテゴリーランキング:4位|月間ビジター数:59,350万

平均滞在時間:6:03|平均PV:5.24|直帰率:37.22%

エアラインやホテルなどでは利用するたびにポイントが貯まるサービスが提供されていますが、Expediaではそういったポイントをまとめて旅行のコストに充てるサービスを提供。よりコストを抑えて旅行をしたいと考えている人にはとてもおすすめのトラベル系サイトです。サイトはとても利用しやすく構成されており、フライトやホテル、レンタカー、そしてクルーズまでホームページから予約可能。検索機能にも優れており、価格だけでなく、到着・出発時刻やスペシャルなアメニティなどの条件を組み合わせて検索できます。また、予約をしてから24時間以内であれば無償でキャンセルをできるサービスも提供。目的地を登録することで、旅行のコストが割安になったタイミングで通知を受け取れるサービスは特に人気です。

 

  1. 03. Orbitz

オービッツ|https://www.orbitz.com/

カテゴリーランキング:24位|月間ビジター数:13,100万

平均滞在時間:5:26|平均PV:4.81|直帰率:38.24%

Orbitzはフライト予約にこだわる方に特におすすめしたいトラベル系サイト。フライトに関するすべての費用をきちんと表示してくれる数少ないサイトのひとつで、予約をしたあとに価格の上昇に驚くことがありません。フライトだけでなく、レンタカーやホテル、クルーズやアクティビティなどもすべてサイトから直接予約可能。Orbitzの特筆すべき機能としては「フレキシブル・デート検索」が挙げられます。これは指定した日にちの前後3日間を対象に検索を行うことで、よりお手頃なフライトを見つけやすくなるというもの。もちろんスケジュールに余裕がある場合に限りますが、よりコストを抑えて旅行プランを立てることができます。フライトとホテル、レンタカーが一緒になったバケーション・パッケージも人気商品のひとつです。

 

  1. 04. Booking.com

ブッキング・ドット・コム|www.booking.com/

カテゴリーランキング:1位|月間ビジター数:405,900万

平均滞在時間:8:11|平均PV:8.09|直帰率:33.39%

フライト・コストをできる限り安くすませたいという方におすすめなのが、Booking.comです。日本でもよく知られたトラベル系サイトですが、フライトのコストについては数ある多くのトラベル系サイトの平均から1,000~2,000円(9~18ドル)程度低く抑えられるという傾向があります。フライト検索や比較機能にも優れており、フライトのタイプ(往復、片道、あるいは複数都市)や出発予定日、訪問都市、旅行者の人数やクラス(エコノミーやビジネスなど)、希望の条件を入力して検索するだけでさまざまなオプションを提示してくれます。ホテルの比較機能も充実しており、フライトだけでなく旅行全般の手配も行えます。

 

  1. 05. KAYAK

カヤック|https://www.kayak.com/

カテゴリーランキング:5位|月間ビジター数:35,740万

平均滞在時間:5:11|平均PV:9.58|直帰率:28.04%

KAYAKではまず「フレキシブル・フライト検索」機能がおすすめ。希望の”日付”での検索だけでなく、希望の”週”、そして希望の”月”というように範囲をより広げることで、もっとも経済的なプランを選ぶことができます。結果はチャート形式で表示され、最安値のプランがハイライトされるので一目瞭然。マップ機能も充実しており、ホテル検索時には対象となるホテルがマップに表示されるだけでなく、近隣でおすすめのレストランやショップ、観光名所なども同時に表示されるため、アクティビティを想像しながら宿泊先を選ぶことができます。レンタカーのマップでは対象となるエリアでの最安値の営業所をハイライトで表示してくれるのでこちらも便利。

 

  1. 06. Hipmunk

ヒップムンク|https://www.hipmunk.com/

カテゴリーランキング:115位|月間ビジター数:174万

平均滞在時間:3:41|平均PV:3.71|直帰率:40.09%

Hipmunkはかわいいキャラクターで知られるトラベル系サイト。サイトの視認性にも心配りがなされており、検索の行いやすさや結果表示の分かりやすさ、情報の読みやすさなど、細かなところではありますがユーザビリティの向上が常に行われており、ユーザーから高い評価を得ています。フライト検索においては最安値の表示を追求すると言うよりも、フライトの内容を重視した検索方法となっており、ほかのサイトではあまりお目にかからないアメニティ情報などを確認したうえで予約可能。ホテル検索のページも見た目やレイアウトを含めたリッチな内容となっており、Wi-Fiや駐車場あるいは朝食やプールの有無、ペットについての規定や、宿泊者のレビューなどさまざまな側面からじっくりと分析を行えます。

 

  1. 07. priceline

プライスライン|https://www.priceline.com/

カテゴリーランキング:13位|月間ビジター数:2,330万

平均滞在時間:6:04|平均PV:6.02|直帰率:33.05%

Pricetoolはとてもユニークなトラベル系サイト。現在はレンタカーのみに限定されていますが、価格交渉を行うことが可能です。まずは日付や場所、希望する車種を選択し、1日あたりに支払いたい価格を入力するだけ。もし取引が成立すると予約をファイナライズすることができます。もしすぐに成立しなくても24時間待つことができますし、条件を調整して再トライすることももちろん可能。取引を確定する前には乗車人数や荷室のサイズ、トランスミッションの種別、そしてエアコンの有無を確認することができますが、具体的な車種やレンタカー業者情報は確定後にシェアされます。そういった不確定要素はありますが、例えば高級車が1日10ドルでレンタルできるといったケースもあり、とてもお得なサービスと言えます。

 

このように、シンガポールではグローバル展開を行っているトラベル系サイトが人気を集めていることがわかります。公用語が英語であることもあり、今後もよりグローバルなサイトへのトラフィックの流入が進んでいくものと思われます。

コラム一覧に戻る