COLUMN海外メディア戦略コラム

今から学ぶplant-based meat(代替肉) 欧米では当たり前!日本の人気のあの肉も・・・

plant-based meat(代替肉)をご存知でしょうか、その名の通り肉の代わりに用いられる食材です。
欧米諸国ではすでにポピュラーなものとなりつつあるとされています。
代替肉はどういった経緯で誕生し、何から作られて、そして、食べてお肉の代わりに本当になるのか栄養価はあるのか?それらについて調べてみました。

代替肉のはじまり

代替肉は世界人口の増加による環境への負担や動物への倫理的配慮などの観点から、
肉類の代替食品として誕生したものが代替肉です。
特に欧米ではミートフリーマンデーなどに代表される「少しずつでも肉食をやめよう」という思想が広まりつつあり、それに伴い代替肉の定着も進んでいるとされ、代替肉への研究も進んでいます。

代替肉とは何か


それでは代替肉とは実際にどういったものなのでしょうか?
代替肉は何から作られていて、それがどのように使われているのか?そして代替肉は肉類の代わりとして十分な栄養を補えるのか?そうした点について触れていきましょう。

 

代替肉は何から作られている?

代替肉は基本的に植物性の素材で作られているとされています。
例えば畑の肉として日本でも親しまれている大豆は代替肉の材料として最もポピュラーな品物とされています。
日本の例を挙げてみてもカップヌードルの有名な「謎肉」は大豆ベースであることが広く知られていますね。
また植物プランクトンも代替肉の材料としてよく用いられます。
小中学校の理科の教科書で微生物の代表として出てきたミドリムシを思い出してください。
ミドリムシ(ユーグレナ)は今、代替肉の材料として研究・活用されています。
その他、動物の細胞を培養し製造するタイプの代替肉も研究が進んでおり、こちらも代替肉として受け入れられております。

 

代替肉はどう使われている?

代替肉の材料が何かはわかりましたが代替肉と言うからにはお肉の代わりとして使えるかどうかが問題ですね。
結論を言ってしまえば既に代替肉は普通のお肉とそれほど変わらないクオリティに達しています。
アメリカでは日本よりもさらに代替肉の理解と需要が進んでおり、ビヨンドフード社に代表される代替肉メーカーのそれがスーパーの生肉コーナーに当たり前のように並び、買い物客は代替肉と分かってそれを購入し、お肉と同じ感覚で調理し食べています。
日本でも大豆で作られていると分かっている「謎肉」が当たり前のように受け入れられているので、そうした時代が来るのも遠くないかもしれませんね。

代替肉の栄養価

一概にすべての代替肉で同じとはいえませんが、たんぱく質に関しては代替肉で補うことができます。
一方で脂質の面では代替肉は本物の肉よりもやや少ない傾向にあります。
健康という点ではメリットかもしれませんが、脂質は人体にとって重要なエネルギー源なので一概に少なければいいという問題でもないかもしれません。
純粋なメリットと言える点としてコレステロールが含まれていない点は代替肉の大きな強みですね。動脈硬化や生活習慣病を気にせずに食べることができます。

 

海外での代替肉事情

前述の通り、海外では日本以上に代替肉が定着しているのが現状です。
海外で代替肉が受け入れられている背景、つまり既存の肉食から変化させていく理由、それらをもう少し深く掘り下げてみましょう。

 

迫りくる食糧問題の解決策

地球の人口増加と食糧生産力の問題はもはや見過ごせない問題になっていました。
肉類を生産するために家畜の飼育をするためには元来、莫大な量の飼料が必要になっていました。
結果として飼料の生産のために地球上の農作物生産能力が限界に到達するのもありえない話ではないですね。
そこで家畜飼料に使われた生産力を代替肉の生産力に移行したならどうでしょう。
例えば大豆であれば肉で同量のたんぱく質を生産するよりも生産力の面では容易に達成することができるとされています。

 

動物愛護思想と受け入れられる代替肉

ベジタリアンやヴィーガニズムの思想が広まっている欧米諸国において、家畜の命を奪うことのない代替肉は動物愛護の観点から好ましいとされています。
また命を奪うだけではなく、畜産業の中には劣悪な環境の中で家畜の飼育が行われている可能性が指摘されており、動物愛護の精神から畜産業は実態がどうであれ倫理的に看過できない存在となっております。こうした倫理的な問題を解決するアプローチのひとつとして代替肉は期待されています。

環境に優しい食材

これは人口や家畜の問題と重なる点も多いですが、地球単位で問題とされている地球温暖化の解決手段として代替肉が挙げられています。
ウシを代表する家畜が排出するメタンガスの温室効果は地球温暖化の原因として知られています。
さらに畜産を行うために農地、牧場などの開発を行うために森林を伐採することも地球環境への悪影響に繋がります。
代替肉は環境への負荷が低く、未来に地球の環境を残すための手段の候補として有力視されています。

 

おわりに

海外ではすでに普及しつつある代替肉。
食糧問題や環境問題などを解決する一つの手段になることが期待されています。

思想の問題で肉類を口にしないベジタリアンやヴィーガンの方々だけではなく、将来的にはより多くの人に普及し当たり前のように食卓に並ぶ日が来るかもしれません。

本サイトでは、世界のおすすめ最新情報を紹介しています。もし世界について、もしくは海外マーケティングについて興味がありましたら、ぜひ弊社サイトを覗いてみてくださいね。

コラム一覧に戻る

DOWNLOAD

無料会員登録で、海外広報・PRに
役立つ基本情報をダウンロード!

CONTACT US

お問い合わせ、サービスのお申し込みは

03-6427-1627

平日 9:00 ー 18:00

お問い合わせはこちら
Top