COLUMN 海外メディア戦略コラム

世界のソーシャルメディア事情【欧州編】

海外をターゲットにSNSマーケティングやインフルエンサーマーケティングを成功させるには、それぞれの国に合ったマーケティング戦略を練る必要があります。そのためにも、各国のソーシャルメディア事情を熟知することは重要です。本記事では、世界のデジタル事情をまとめたWe Are Socialより、ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア)におけるインターネット・ソーシャルメディア事情について紹介します。

イギリスのソーシャルメディア事情

イギリスのインターネット・ソーシャルメディア事情およびイギリスで利用されているソーシャルメディアについて紹介します。

 

表 イギリスのインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口 6,771万人
インターネットユーザー数 6,500万人(96%)
ソーシャルメディアの利用者数 4,500万人(66%)
1日のインターネット利用時間 5時間28分
1日のソーシャルメディア利用時間 1時間42分
1日のゲーム時間 57分
平均ソーシャルメディアアカウント数 6.8個
ソーシャルメディアのビジネス利用率 27%

 

表 イギリスで利用されているソーシャルメディア

順位 ソーシャルメディア名 利用率
1 YouTube 78%
2 Facebook 73%
3 WhatsApp 62%
4 Messenger 58%
5 Instagram 49%
6 Twitter 45%
7 LinkedIn 28%
8 Pinterest 25%
9 Snapchat 25%
10 Skype 21%

 

イギリスにおけるソーシャルメディアの特徴

イギリスは、インターネット利用率が96%と非常に高く、国民のほぼ全員がインターネットにアクセスできる状態です。イギリスで利用されているソーシャルメディアは、WhatsAppの利用率が高いことをのぞき、アメリカで人気のソーシャルメディアと類似しています。言語が英語と言うこともあり、イギリスでSNSを活用したマーケティングを実施する際には、アメリカと同様の手段が有効と考えてよいでしょう。

 

フランスのソーシャルメディア事情

フランスのインターネット・ソーシャルメディア事情およびフランスで利用されているソーシャルメディアについて紹介します。

 

表 フランスのインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口 6,520万人
インターネットユーザー数 5,803万人(89%)
ソーシャルメディアの利用者数 3,900万人(60%)
1日のインターネット利用時間 5時間8分
1日のソーシャルメディア利用時間 1時間42分
1日のゲーム時間 56分
平均ソーシャルメディアアカウント数 6.8個
ソーシャルメディアのビジネス利用率 26%

 

表 フランスで利用されているソーシャルメディア

順位 ソーシャルメディア名 利用率
1 YouTube 80%
2 Facebook 76%
3 Messenger 58%
4 Instagram 47%
5 WhatsApp 38%
6 Snapchat 35%
7 Twitter 34%
8 Pinterest 26%
9 LinkedIn 23%
10 Skype 21%

 

フランスにおけるソーシャルメディアの特徴

フランスのソーシャルメディアは、WhatsAppの利用率が少し低めですが、イギリスと酷似しています。そのため、SNSマーケティングに活用するプラットフォームは同じものを利用すればよいのですが、最も大きな問題は母国語がフランス語という点でしょう。フランス人の中には、英語に対して苦手意識を持つ人も多く、またフランス人特有の文化もあるため、フランスに向けたSNSマーケティングをする際には、ローカライズが重要なポイントとなります。

 

ドイツのソーシャルメディア事情

ドイツのインターネット・ソーシャルメディア事情およびドイツで利用されているソーシャルメディアについて紹介します。

 

表 ドイツのインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口 8,365万人
インターネットユーザー数 7,779万人(93%)
ソーシャルメディアの利用者数 3,800万人(45%)
1日のインターネット利用時間 4時間52分
1日のソーシャルメディア利用時間 1時間19分
1日のゲーム時間 42分
平均ソーシャルメディアアカウント数 5.9個
ソーシャルメディアのビジネス利用率 26%

 

表 ドイツで利用されているソーシャルメディア

順位 ソーシャルメディア名 利用率
1 WhatsApp 79%
2 YouTube 77%
3 Facebook 64%
4 Instagram 43%
5 Messenger 40%
6 Pinterest 27%
7 Twitter 22%
8 Skype 19%
9 Snapchat 18%
10 LinkedIn 14%

 

ドイツにおけるソーシャルメディアの特徴

ヨーロッパの中で最もGDPの高いことで知られるドイツですが、ソーシャルメディアの利用割合が非常に低いという特徴を持ちます。ドイツ人全体の45%のみがソーシャルメディアを利用しており、他国と比べると非常に低い値です。

 

人気のソーシャルメディアも、WhatsAppが第1位だったり、ヨーロッパでも人気のビジネスSNSであるLinkedInの利用率が14%であったりするなど、ヨーロッパの中でも少し異なるソーシャルメディア事情を持つのが特徴。ドイツをターゲットにしたSNSマーケティングを行う際には、他の国とは少し異なる戦略を練る必要があるでしょう。

 

スペインのソーシャルメディア事情

スペインのインターネット・ソーシャルメディア事情およびスペインで利用されているソーシャルメディアについて紹介します。

 

表 スペインのインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口 4,675万人
インターネットユーザー数 4,240万人(91%)
ソーシャルメディアの利用者数 2,900万人(62%)
1日のインターネット利用時間 5時間41分
1日のソーシャルメディア利用時間 1時間51分
1日のゲーム時間 54分
平均ソーシャルメディアアカウント数 8.4個
ソーシャルメディアのビジネス利用率 35%

 

表 スペインで利用されているソーシャルメディア

順位 ソーシャルメディア名 利用率
1 YouTube 89%
2 WhatsApp 86%
3 Facebook 79%
4 Instagram 65%
5 Twitter 53%
6 Messenger 45%
7 LinkedIn 35%
8 Pinterest 35%
9 Skype 28%
10 Snapchat 21%

 

スペインにおけるソーシャルメディアの特徴

利用しているソーシャルメディアの数が8.4個と、ソーシャルメディアの複数利用が特徴のスペイン。中でもYouTube、WhatsApp、Facebookの利用率が非常に高いようです。また、LinkedInの利用率も高いことから、ソーシャルメディアのビジネス利用も35%と高い数値を示します。スペインはSNSのビジネス利用が活発な国と言えますので、SNSマーケティングとは非常に相性のよい国と言えます。

 

イタリアのソーシャルメディア事情

イタリアのインターネット・ソーシャルメディア事情およびイタリアで利用されているソーシャルメディアについて紹介します。

 

表 イタリアのインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口 6,051万人
インターネットユーザー数 4,948万人(82%)
ソーシャルメディアの利用者数 3,500万人(58%)
1日のインターネット利用時間 6時間
1日のソーシャルメディア利用時間 1時間57分
1日のゲーム時間 49分
平均ソーシャルメディアアカウント数 7.8個
ソーシャルメディアのビジネス利用率 31%

 

表 イタリアで利用されているソーシャルメディア

順位 ソーシャルメディア名 利用率
1 YouTube 88%
2 WhatsApp 83%
3 Facebook 80%
4 Instagram 64%
5 Messenger 57%
6 Twitter 34%
7 LinkedIn 31%
8 Pinterest 29%
9 Skype 26%
10 Snapchat 16%

 

イタリアにおけるソーシャルメディアの特徴

イタリアにおいてもYouTube、WhatsApp、Facebookの3つが人気のあるソーシャルメディアです。スペインと同様に、複数のソーシャルメディアを利用する人が多く、ソーシャルメディアのビジネス利用も盛んです。SNSを活用したマーケティングは非常に効果的と言えますので、イタリア人に受け入れられるようにいかにローカライズしていくかに力を注ぐとよいでしょう。

 

終わりに

今回紹介したヨーロッパの5つの国では、1位から10位までの人気ソーシャルメディアがすべて同じという結果になりました。上記で紹介したソーシャルメディアのうち、上位のソーシャルメディアを効果的に活用することで、それぞれの国におけるマーケティングを効果的に進めることができるでしょう。その一方で、ヨーロッパは国ごとに言語が異なり、もちろん文化や考え方も異なります。それぞれの国に合わせたローカライズがポイントです。各国の反応を見るためにも、先ずはプレスリリースの配信をおすすめします。Global PR Wireでは、海外ジャーナリストのデータベースをもとに、エリア・ジャンルごとの効果的な配信先を独自にパッケージ化。さらにリリースしやすい低価格にこだわり、国内最安値を実現しました。シンプルな仕組みとわかりやすい料金体系で、海外PRが初めてという企業様でも、効果的なプレスリリース配信がすぐに実施可能です。海外マーケティングをお考えの企業様は、ぜひご検討ください。

コラム一覧に戻る