COLUMN 海外メディア戦略コラム

ソーシャルメディア事情【ヨーロッパ編】

これまで、アジア、北米のソーシャルメディア事情を紹介してきました。ヨーロッパにおいても、ソーシャルメディアは個々人のコミュニケーションツールに留まらず、ビジネスの現場において積極的に利用されています。しかし一括りにヨーロッパといっても、各国が異なる言語・文化を有しているため、ヨーロッパをターゲットにしたグローバルマーケティングやPRを行う際には、各国のソーシャルメディア事情を理解しておくことが重要です。

そこで本記事では、ヨーロッパ各国のソーシャルメディア事情と注目のソーシャルメディアについて紹介します。

ヨーロッパ各国のインターネットおよびソーシャルメディア事情まとめ

ヨーロッパ各国の中から、GDPがトップ10の国を抽出し、それらの国のインターネットおよびソーシャルメディア事情についてまとめました。参考までに日本のデータも追加しました。

 

※データは、Global Digital Report 2019(we are social)を利用しています。

表1 ヨーロッパ各国のインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口 インターネット

ユーザー数

ソーシャル

メディアの

利用者数

1日の

インターネット

利用時間

1日の

ソーシャル

メディア

利用時間

平均

ソーシャル

メディア

アカウント数

ソーシャル

メディア

ビジネス

利用割合

ドイツ 8237万人 7913万人 3800万人 4時間37分 1時間4分 5.1個 10%
イギリス 6677万人 6343万人 4500万人 5時間46分 1時間50分 7.1個 13%
フランス 6536万人 6470万人 3800万人 4時間38分 1時間17分 5.8個 9.5%
イタリア 5925万人 5480万人 3500万人 6時間4分 1時間51分 7.4個 11%
スペイン 4642万人 5444万人 2800万人 5時間18分 1時間39分 7.9個 19%
オランダ 1711万人 1638万人 1100万人 4時間44分 1時間16分 6.2個 14%
スイス 858万人 815万人 440万人 4時間58分 1時間16分 6.6個 20%
ポーランド 3807万人 3007万人 1800万人 6時間2分 1時間45分 7.3個 17%
スウェーデン 1002万人 966万人 720万人 5時間56分 1時間49分 7.1個 16%
ベルギー 1153万人 1086万人 750万人 5時間01分 1時間31分 6.7個 13%
日本 12700万人 11890万人 7800万人 3時間45分 36分 3.7個 6.1%

 

表1のデータを見ると、ヨーロッパのGDP上位10か国においては、インターネット普及率が非常に高いことが分かります。インターネットは、広く国民に普及していると考えてよいでしょう。ヨーロッパの経済大国として知られるドイツは、日本よりも多くの時間をオンラインに費やしている一方で、ヨーロッパの他の国々と比べると低い値を示しているのは注目すべき点です。EUに加盟していないスイスは、ソーシャルメディアの利用率が50%強で比較的低い値にも関わらず、ソーシャルメディアのビジネス利用率は高い値を示しています。スイスでは、ビジネスのためにソーシャルメディアを利用している人も多いと考えてよいでしょう。

 

表2 ヨーロッパ各国で利用されているソーシャルメディア

1位 2位 3位 4位 5位
ドイツ YouTube WhatsApp Facebook FB Messenger Instagram
イギリス YouTube Facebook FB Messenger WhatsApp Instagram
フランス YouTube Facebook FB Messenger Instagram WhatsApp
イタリア YouTube WhatsApp Facebook Instagram FB Messenger
スペイン YouTube WhatsApp Facebook Instagram Twitter
オランダ WhatsApp YouTube Facebook FB Messenger Instagram
スイス YouTube WhatsApp Facebook FB Messenger Instagram
ポーランド YouTube Facebook FB Messenger Instagram Skype
スウェーデン YouTube Facebook FB Messenger Instagram Snapchat
ベルギー YouTube Facebook FB Messenger WhatsApp Instagram
日本 YouTube Line Twitter Facebook Instagram

 

表2には、ヨーロッパ各国で利用されているソーシャルメディアの上位5つを記載しました。人気のソーシャルメディアは、以前に北米のソーシャルメディア事情で紹介した項目とほぼ同様で、「YouTube」「WhatsApp」「Facebook」「FB Messenger」「Instagram」「Twitter」の6つがヨーロッパでも頻繁に利用されているソーシャルメディアといえます。そのため、ソーシャルメディアを活用したマーケティングやPRは行いやすいと考えられますが、ヨーロッパ各国では言語・文化が異なること、また2018年よりGDPR(個人データの利用に関する法律)が適用されたことなどを考慮しつつマーケティングを行っていく必要があるでしょう。

 

ヨーロッパで注目のソーシャルメディア

上記で紹介したように、ヨーロッパでは北米で人気のソーシャルメディアが主に利用されています。しかしながら、これらのソーシャルメディアのユーザー数には及ばないものの、ヨーロッパ発のソーシャルメディアも地元民に愛され利用されています。そこで、ヨーロッパ発の注目ソーシャルメディアについて紹介します。

 

Xing

「Xing」は、2003年にドイツで開発されたビジネス特化型のソーシャルメディアです。ドイツやスペインを始めとするヨーロッパの国々で、主にビジネスマンや起業家、就活生などに利用されています。世界で人気の主要ビジネスプラットフォーム「LinkedIn」とも提携を結んでおり、今後ビジネス分野での拡大が期待されています。

 

Dailymotion

「Dailymotion」は、フランス発の動画共有サービスとして知られており、ヨーロッパではYouTubeに次いで人気の動画共有サイトとして知られています。利用規定がYouTubeとは異なるため、YouTubeでは見られない動画を楽しむことができることで注目を集めましたが、現在は利用規約を徐々に厳格化しています。ヨーロッパで動画マーケティングを行う際には、YouTubeと共に活用したいプラットフォームの1つです。

 

 

終わりに

ヨーロッパでは、就職活動をソーシャルメディアを通して行うことも特徴の1つです。EUでは、加盟国内であれば異なる国で働くことができるため、物理的距離を縮めてくれるオンライン就活が注目を集めているのです。

ソーシャルメディアが様々な役割を果たすようになる一方で、ヨーロッパでは、GDPRの適用が開始され、個人データの取り扱いが非常に厳しくなっているなどの状況もあります。ヨーロッパをターゲットにグローバルマーケティングを展開する場合は、ヨーロッパの最新の情報をしっかりと理解した上で進める必要があります。

 

もし、ヨーロッパをターゲットにしたマーケティングをお考えの場合、多くの実績を有する弊社まで、お気軽にお問い合わせください。

※本原稿は2020年2月に作成・配信したものに一部加筆修正して掲載しております。

基礎からわかる!海外向けプレスリリース配信ガイドはこちら

コラム一覧に戻る