COLUMN 海外メディア戦略コラム

世界のソーシャルメディア情報【中華圏編】

現在SNSは、個人間のコミュニケーションだけでなく、企業の重要なマーケティング戦略としても利用される時代です。特にグローバルマーケティングでは、自社製品やサービスのことを全く知らない外国人を相手にするわけですから、グローバルサイトを作成しオーガニック検索を待つだけでは成果を得られないのは当然で、ソーシャルメディアを活用し、効果的に宣伝を行うことが重要です。そこで本記事では、【世界のソーシャルメディア事情】として、中国、台湾、香港、韓国のソーシャルメディア事情を紹介します。

インターネットおよびソーシャルメディア事情まとめ

中国・台湾・香港・韓国のインターネットおよびソーシャルメディア事情についてまとめました。参考までに日本のデータも追加しました。

※データは、Global Digital Report 2019(we are social)を利用しています。

中国

表 中国のインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口

14億1800万人

インターネットユーザー数

8億200万人

ソーシャルメディアの利用者数

10億700万人

1日のインターネット利用時間

5時間52分

1日のソーシャルメディア利用時間

1時間57分

インターネットユーザーの

平均ソーシャルメディアアカウント数

9個

ソーシャルメディアビジネス利用割合

24%

表 中国で利用されているソーシャルメディア

順位

ソーシャルメディア名

利用割合

1

WeChat

79%

2

Baidu Tieba

72%

3

QQ

68%

4

SINA Weibo

60%

5

Youku

59%

6

Qzone

56%

7

Tencent Weibo

37%

8

Tudou

30%

中国政府の情報検閲システム「グレイトファイアウォール」と呼ばれる管理により、海外の主要SNSの利用が認められていないため、中国国内では多くのSNSが独自に開発され、国内で圧倒的なシェアを獲得しています。また、その勢いは中国国内に留まらず、現在多くの国で中国発のSNSの使用が広がっています。

台湾

表 台湾のインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口

2373万人

インターネットユーザー数

2082万人

ソーシャルメディアの利用者数

2100万人

1日のインターネット利用時間

7時間39分

1日のソーシャルメディア利用時間

1時間52分

インターネットユーザーの

平均ソーシャルメディアアカウント数

8.4個

ソーシャルメディアビジネス利用割合

14%

表 台湾で利用されているソーシャルメディア

順位

ソーシャルメディア名

利用割合

1

YouTube

90%

2

Facebook

89%

3

Line

84%

4

Facebook Messenger

57%

5

Instagram

49%

6

WeChat

32%

7

Skype

25%

8

Twitter

24%

台湾では、日本でも人気のLINEの普及率が、他国と比較して際立って高いのが特徴的です。人口2,400万人のうち84%に当たる1,900万人以上がLINEを使用しています。日本におけるLINEユーザーの人口比率は62.5%ですので、台湾国内におけるLINEの浸透度がうかがえます。また、他国と比較して1日のインターネットの使用時間が長いのも特徴です。

香港

表 香港のインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口

7460万人

インターネットユーザー数

6670万人

ソーシャルメディアの利用者数

5800万人

1日のインターネット利用時間

6時間23分

1日のソーシャルメディア利用時間

1時間47分

インターネットユーザーの

平均ソーシャルメディアアカウント数

8.8個

ソーシャルメディアビジネス利用割合

15%

表 香港で利用されているソーシャルメディア

順位

ソーシャルメディア名

利用割合

1

Facebook

85%

2

YouTube

83%

3

WhatApp

82%

4

Instagram

57%

5

WeChat

53%

6

Facebook Messenger

50%

7

Line

29%

8

Twitter

26%

香港は中国本土と違い、インターネットの閲覧規制がないため、国内で利用されているソーシャルメディアも、世界で人気のものが多くランクインしています。Facebookの利用が多く、85%を超えています。上位を占めているのは、世界的に有名なソーシャルメディアであることも注目です。

韓国

表 韓国のインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口

5125万人

インターネットユーザー数

4874万人

ソーシャルメディアの利用者数

4366万人

1日のインターネット利用時間

5時間14分

1日のソーシャルメディア利用時間

1時間9分

インターネットユーザーの

平均ソーシャルメディアアカウント数

6.3個

ソーシャルメディアビジネス利用割合

7.7%

表 韓国で利用されているソーシャルメディア

順位

ソーシャルメディア名

利用割合

1

KakaoTalk

83%

2

YouTube

80%

3

Facebook

61%

4

Instagram

46%

5

KakaoStory

33%

6

Twitter

31%

7

Facebook Messenger

25%

8

Line

15%

韓国ではKakaoTalkが最も利用されており、現在は国内外の企業がKakaoTalkを利用したプロモーションを積極的に行っています。人口に対して60%程度の人しかソーシャルメディアを使用しない日本と比較して、85%以上の人がソーシャルメディアを使用しています。

日本

表 日本のインターネットおよびソーシャルメディア事情

人口

1億2700万人

インターネットユーザー数

1億1890万人

ソーシャルメディアの利用者数

7800万人

1日のインターネット利用時間

3時間45分

1日のソーシャルメディア利用時間

36分

インターネットユーザーの

平均ソーシャルメディアアカウント数

3.7個

ソーシャルメディアビジネス利用割合

6.1%

表 日本で利用されているソーシャルメディア

順位

ソーシャルメディア名

利用割合

1

YouTube

75%

2

Line

67%

3

Twitter

49%

4

Facebook

36%

5

Instagram

33%

6

Ameblo

22%

7

Facebook Messenger

11%

8

Skype

8%

終わりに

いかがでしたか。各国の人気ソーシャルメディアを知ることで、その国における最適なプロモーションの形が見えてきます。グローバルマーケティングに携わる際には、各国における主要ソーシャルメディアの調査をすることを忘れないようにしてください。その他の国におけるソーシャルメディア事情についても随時更新する予定です。

# # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # # #
海外進出への足掛かりには、先ずはプレスリリースを配信してみてはいかがでしょうか?
Global PR Wireでは、海外ジャーナリストのデータベースをもとに、エリア・ジャンルごとの効果的な配信先を独自にパッケージ化。
さらにリリースしやすい低価格にこだわり、国内最安値を実現しました。

シンプルな仕組みとわかりやすい料金体系で、海外PRが初めてという企業様でも、
効果的なプレスリリース配信がすぐに実施可能です。

コラム一覧に戻る